2014年04月04日

11バイオマスターC2000Sにスプールシャフト用BBを取りつけました

 改造というと大げさだけど、管釣りの主力リールにしている11バイオC2000Sにちょっと手を加えた。スプールシャフトのプラスチックカラーをボールベアリングに換装するだけでドラグ性能がアップする(らしい)という施術だ。

P300 014.jpg



続きを読む
posted by paco at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

2014年、初コイ。ぜんぶ雪のせいだ

隙間時間を利用して「真・アーバンサイドパラダイス」こと市ヶ谷フィッシングセンターで釣りを楽しんでしまいました。

ここに来るのはたしか三回目だけど、前二回は2匹(1時間)とボウズだった。
察してもらえると有り難いのだけど、もともとコイの釣り掘自体、釣りの中でも難しいジャンルなのである。
さらにネットの評価からすると、その中でも市ヶ谷の難易度は高いらしい。

とはいえ三度目ともなれば多少は釣れるようになったんじゃないかと、挽回すべく足を運んでしまったわけです。
SDIM2606.jpg
続きを読む
ラベル:初心者
posted by paco at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

加賀F.A.#2

兄とセンコーのM氏に誘われ、栃木は佐野市にあるマスの管理釣り場、加賀フィッシングエリアに行ってみた。
通算二度目、今シーズンは初めてとなる加賀。

とにかく広い。
SDIM2546.jpg


上の画像に写ってる部分だけで、僕が普段通っているしらこばと水上公園変形プールと同じくらいの面積じゃないかと思う。
それでもファースト・ポンドの1/3くらいだろうか。
(※しらこばとの変形プールは複雑な形をしているのでキャパシティ自体はそこそこある)
加賀にはさらに、ファーストよりは小ぶりだがセカンドポンド、サードポンド、さらに時期が良ければフライ専用のスペシャルポンドとストリームエリア(250m)まである。

続きを読む
posted by paco at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

秋もボーイ・ミーツ・ガールなのだよ(荒川定点観測#8)

"夏が終わった"というと、ただその日本語の響きだけで、僕たちはほんのり甘くて割と苦々しい気持ちにさせられる。その人がどのような夏を過ごしたかには、全くお構いなしに。そして秋が来ると、夏の間狂おしいまでに膨れ上がっていた期待感の風船を外側から眺めて、何かを総括する。これが一般的で健全な夏秋の移り変わりというものだろう。僕も25年以上もの間、そんな感じだった。

 だが、昨年、スズキ釣りというものを知ってしまった。東京湾奥で言うと、スズキは春と秋、釣り易い。逆に言うと夏と冬は、余り釣り易くない。なんなら、夏には全く期待しておらず、皆さま方一般の方々が夏に抱く幻想を、僕は秋に対して抱いている。頭の成分の半分位は釣りの事、スズキの事を考えているので、一般の方々の感覚とズレが生じたというわけなのだ。
 
 今回、ようやく秋らしい釣りができた。初めてスズキ級をキャッチしたからである。
続きを読む
ラベル:シーバス 初心者
posted by paco at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

荒川定点観測#7

 中秋の名月という奴ですね。最近、緩い流れの日に釣行する傾向にあるので、大潮不安症がひどい。そこで昨年サーフ用に何となく買って持っていたサスケ裂波120をルアーボックスに入れておいた。
sasukereppa120F.jpg


 まあ正直、明るい隅田川ではデカ過ぎて見切られるんじゃないか・・・なんて妄想もしたので(実際どうかは知りません)、まずは荒川で馴らし運転をしにいく。
何とか夕マヅメ頃に脱出し、急いで「観測地点」へ。大潮の下げということで、まずはコース最上流部の明暗に行って、そこから釣り下る作戦を立てた。


続きを読む
ラベル:シーバス 荒川
posted by paco at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。