2014年12月06日

2014-15しらこばと#5 キャンベルカップは出ないけど

 この土曜日もしらこばとに性懲りもなく行ってました。

 待ち時間の間、空を舞う鵜の大群は見なかったです。スタッフさんが空砲を撃つ音が聞こえていたのでそれなりに鳥は入っていたかも知れないけれど、先月のような大惨事にはなってないのかな。
 しかし稀なレベルの寒波がやってきていたので、寒い寒い。間違いなく魚の活性にも影響しているだろうし、自分も集中力とフォームを乱されまくりました。

 翌日にキャンベルカップが行われるため、プラの最中と思しき方が何人かいらっしゃいました。本気モードの猛者たちの邪魔にならないように自分は別のエリアで釣りを開始しましたが、案の定変形プールは渋かったです。

SDIM3131.jpg
続きを読む
posted by paco at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

2014-15しらこばと#3 鵜の猛威マックス?

朝早く出過ぎてまさかの一番乗りで現地着。

ポールポジションにつけたもののみが目にすることが許される絶景を目の当たりにしました。
image.jpg

上空の黒いのカワウさんでございます…(一部アオサギも混ざってるかもしれない)
(ぼくが近づくと逃げていきましたが、一部はプール内でお食事中でした)

この適水温期に6キャッチ1バラシの惨敗。ぼくが下手くそなのを差し引いてもこれは酷かった。
6匹のうち半分くらいは尺越えのマスだったのも、小物がかなり食われちゃったってことなんだろうな…

良かったことは数少ないけれど、
ルアーを一つもロストしなかったのは良かった。ついでにハイバースト0.8g(メタグリのはずだが塗装が剥がれてほぼ銀)も奇跡的にキャッチした。

あとまあ、お試しに一個だけ買ったバベルzeroウェイトチューンでなんちゃって縦釣りをしたのですが、なかなか面白かったですね。もう少し揃えてみようかな。
posted by paco at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

2014-15さいたま水上公園オープン日

 マスの管釣りに取り組んでから二シーズン目。

SDIM3101.jpg


 初回は上尾市にあるさいたま水上公園(以下、上尾)のオープンに行ってきました。

続きを読む
posted by paco at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

クランクの浮力実験

IMG_0635.JPG

 お久しぶりです。そろそろ鱒の管釣りシーズン開幕なのであります。

 というわけでボチボチ準備をしているのですが、その一貫としてクランクの浮上スピードを計測する実験をしてみました。

 それがなぜ必要かというと、昨シーズン、あるクランクでサワリがあったが乗らないという場合、他の種類のクランクやスプーンに変えたときにもう一回タナを取り直すということをするのだけど、ここで物凄く時間が掛かっていました
 
 そこで各クランクの浮上スピードと潜るスピードの関係を大まかに把握しておけば、ルアーチェンジ後のタナも早く合わせていけるかも知れないと思い、今回の浮力実験を行うに至りました。
続きを読む
posted by paco at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

11バイオマスターC2000Sにスプールシャフト用BBを取りつけました

 改造というと大げさだけど、管釣りの主力リールにしている11バイオC2000Sにちょっと手を加えた。スプールシャフトのプラスチックカラーをボールベアリングに換装するだけでドラグ性能がアップする(らしい)という施術だ。

P300 014.jpg



続きを読む
posted by paco at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

加賀F.A.#2

兄とセンコーのM氏に誘われ、栃木は佐野市にあるマスの管理釣り場、加賀フィッシングエリアに行ってみた。
通算二度目、今シーズンは初めてとなる加賀。

とにかく広い。
SDIM2546.jpg


上の画像に写ってる部分だけで、僕が普段通っているしらこばと水上公園変形プールと同じくらいの面積じゃないかと思う。
それでもファースト・ポンドの1/3くらいだろうか。
(※しらこばとの変形プールは複雑な形をしているのでキャパシティ自体はそこそこある)
加賀にはさらに、ファーストよりは小ぶりだがセカンドポンド、サードポンド、さらに時期が良ければフライ専用のスペシャルポンドとストリームエリア(250m)まである。

続きを読む
posted by paco at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

【トラウト】加賀F.A.#1

 かねがね当ブログに書いてきた通り、正真正銘の管釣りに行ってきた。
 栃木県の加賀フィッシングエリアというところ。

 なんでも、とにかく釣り場が広い!魚が多い!水が綺麗!チェイスしてくるのが見える!釣れる!
 なんて聞いていたもので・・・
SDIM2085.JPG

 「ツ抜け」(二桁)位なら余裕で逝っちゃうんじゃないの・・・?などと楽観視していた向きもあった。
 この日のためのプラクティスも兼ねていった埼玉のハイプレッシャーレイク(?)こと”しらこばと水上公園”とか、解禁間もないタフコンの“湯ノ湖”よりは楽なんじゃないかって思ってたんですが。
 
 でも、練習より本番の方が簡単なんてことはなかった。
 
 続きを読む
ラベル:トラウト
posted by paco at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

【トラウト】湯ノ湖チャレンジ#1

 埼玉のプールトラウトじゃない、正真正銘本当の管釣り初挑戦への最後の予行演習として、とある栃木県の天然湖沼にやってきた。
もはや本番より練習のほうが難易度高くね!?という感じですが、実は今回の釣行は、温泉が半分で釣りが半分なのですよ奥さん。
でなかったら流石に行かない。なんせ僕の地元から特急電車で一時間強、そこからバスで一時間半、みたいな山奥。

 当地では、ひんやりとした清澄な空気が心地よく、ハルニレや白樺の林を縫う小径の所々には、未だ溶け残りの雪が固まっている。(むしろ、極細の天気雪、とでも呼ぶべき何かがしょっちゅう降っていた!!)
ただ散歩するだけで心が洗われるようだ。
 そんな遊歩道に囲まれた湯ノ湖が今回の釣行先な訳ですが、実は当地に来たのはこれが三度目だったりする。
 しかし、過去二回は通常の観光客として。それでも十分湖畔の空気を堪能していたつもりだったが、水面に近づくことによって見える風景は釣りをしたものでなければ分からない。こういう認識の変化というのも釣りの魅力の一つだと思う。

SDIM2079.JPG

 とにかく、ここで釣りが出来るだけでも十分堪能できる。釣果は関係なく。。。

ん??釣果???
続きを読む
ラベル:トラウト レイク
posted by paco at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | トラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。