2013年10月02日

秋もボーイ・ミーツ・ガールなのだよ(荒川定点観測#8)

"夏が終わった"というと、ただその日本語の響きだけで、僕たちはほんのり甘くて割と苦々しい気持ちにさせられる。その人がどのような夏を過ごしたかには、全くお構いなしに。そして秋が来ると、夏の間狂おしいまでに膨れ上がっていた期待感の風船を外側から眺めて、何かを総括する。これが一般的で健全な夏秋の移り変わりというものだろう。僕も25年以上もの間、そんな感じだった。

 だが、昨年、スズキ釣りというものを知ってしまった。東京湾奥で言うと、スズキは春と秋、釣り易い。逆に言うと夏と冬は、余り釣り易くない。なんなら、夏には全く期待しておらず、皆さま方一般の方々が夏に抱く幻想を、僕は秋に対して抱いている。頭の成分の半分位は釣りの事、スズキの事を考えているので、一般の方々の感覚とズレが生じたというわけなのだ。
 
 今回、ようやく秋らしい釣りができた。初めてスズキ級をキャッチしたからである。
続きを読む
ラベル:シーバス 初心者
posted by paco at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

荒川定点観測#7

 中秋の名月という奴ですね。最近、緩い流れの日に釣行する傾向にあるので、大潮不安症がひどい。そこで昨年サーフ用に何となく買って持っていたサスケ裂波120をルアーボックスに入れておいた。
sasukereppa120F.jpg


 まあ正直、明るい隅田川ではデカ過ぎて見切られるんじゃないか・・・なんて妄想もしたので(実際どうかは知りません)、まずは荒川で馴らし運転をしにいく。
何とか夕マヅメ頃に脱出し、急いで「観測地点」へ。大潮の下げということで、まずはコース最上流部の明暗に行って、そこから釣り下る作戦を立てた。


続きを読む
ラベル:シーバス 荒川
posted by paco at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

嬉しさ半分、悔しさ半分

荒川某所に行ってきた。
小潮、弱い方の上げ(107cm⇒170cm)6〜8分、南風。気温は25度強。水色は分からないけど、多分濁ってる。

このポイントは個人的にはアクセスしやすいし、春先からウォッチしてるけど、ベイトッ気も良い感じで出てきて、後は魚さえいれば釣れると思っていた。

ただ、それが今日になるとは全く思わなかった。タイドグラフを見た感じ潮が弱いので釣れる気はしなかったからだ。
続きを読む
posted by paco at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

隅田川コノシリング?

 また釣りに行ってきました。
 
 バチパターンのように、時合や場所が多少なりとも予想できる季節ではなくなり、港湾部が良いという人もいれば、リバーシーバスが良いという人もいる。経験値の無い自分にとって、再び、シーバス釣りがものすごく難しく感じられる時期になってしまった。
 まあどっちにしても手探り状態なのだけど、まずは港湾部をチェックしに行く。

 明け中潮。上げの残りを狙って岸壁へ。

続きを読む
posted by paco at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

【シーバス】嘘だと言ってよバーチィ!

 先日、またしてもバチの釣りに行ってきた。
 シーバスが好きで好きでたまらない、人間のプリミティブな衝動に順じて生きる、最低最悪の人間ですよ、奥さん。

 前々回と前回の釣り場は河川や運河に掛かる橋脚まわりで、明確に流れがあり、明暗部に流しこんでU字ターンで食わせるような感じだった。はっきり言って赤子みたいに真っ赤な僕でも、食わせるべきスポットが「見える!私にも見えるぞ!」状態だった。気のせいかも知れませんが…

 だが、先月末よりマスの管釣りを少々かじったのがいけなかった。ちょっとマシなサイズのマスと同じ長さのセイゴちゃんをシーバスロッドでキャッチしても、どこかあっけない。マスだけに小説版ガンダムのセイラさんのようにあっけない。自分のビームナギナタロッドはバチ用のソリッドティップはおろか、Lクラスですらないのだから、なおさらである。聞くところによるとバチシーズンなんてこんなもんらしいので、せめて数釣りしたい。場所を変えよう。

 てなわけで、渋谷上州屋でこんなものを買っておいた。
 
SDIM2091.JPG
1000円しないのに釣れ過ぎなけしからんルアーという噂のフローティングミノー、エリア10。
 よりにもよってアートギーコなんていうネタっぽいカラーを買ってしまったが、大丈夫なのだろうか。
続きを読む
posted by paco at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

【シーバス】またしてもバチですか…

 シーバスが全然釣れなかった頃に思ってたが、ただ何となくレンジが分かり易いから、とかメーカーによるとこういうアクションだから、という情報だけでルアーを投げると、それはただの作業になってしまう。
 でも、「こいつが見せる水面下何cmの艶めかしい尻振りに抵抗できないシーバスは必ずいる!」くらいの気持ちでルアーを泳がせると、「遊び」になる。

 技術論で言うと。。。おそらく、どのルアーにも水の当て方(リトリーブ速度+潮の早さ、方向)というものがある
 シーバス釣りは基本タダ巻きでOKらしいのだけど、釣れるルアーを選ぶだけではダメで、ルアーの一番美味しい動きを引き出してやりつつ、シーバスが追い切れる遅さであったり、反対にシーバスに見切られないような早さでルアーを操作する。その辺が釣り人のテクなのかも知れない。上述の精神論に戻るが、どんな水の当て方が良いか、すぐに分かるような相棒とでないと「遊び」は成立しない。
 
 という訳でルアーボックスをちょっと整理した僕は、何時の間にやら隅田川のとある橋脚にいた。 
 こりゃビョーキですな奥さん。
 
続きを読む
posted by paco at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

【シーバス】ようやくバチで釣れました

 今回はシーバス釣り。絶妙な潮周りなので土曜に早速湾奥の某ポイントへ出張してきた。
 そもそも、釣りに対する僕のスタンスは「日常生活の範囲内でチョロっと釣る」というものだった。そして僕は埼玉人で、シーバスは基本都内で釣る魚。よって、僕がわざわざ土日にシーバス釣りに行くというのは本来のスタンスから外れているけれども、細かいことは言いっこなしでお願いします。

 もっと言ってしまうと、今回二本継ロッドなど持っていってます。袋に入れてパッと見何なのかは判別できないとは言え、仕舞寸130pを越えるブツを持ってアベックひしめく夜の電車に乗り込むとか何の修行ですか。

続きを読む
posted by paco at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

新パターンktkr

 大潮の日曜20〜22時。諸事情により事務所に泊まることになったので、夜釣りに行ってみた。日曜は引きこもってる傾向にあるので、釣りをすること自体が新鮮だった。最近の大潮は土日にぶつかることが多い。だけあって流れが強い。これは釣れそうな気がする。

 二月だというのに随分暖かく、夜釣りでもホッカイロもタイツも必要なし。しかも風がないので釣りしやすい。大潮下げ五分で友人Tの職場があるらしいエリアに入ったが、日曜だけあってメジャーなところは埋まっていた。こんなこともあろうかと釣行ルートを熟考したのが奏功したのか、最初に入ったマイナーポイントで連続ヒット。


続きを読む
ラベル:シーバス
posted by paco at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

テクトロに思うこと

 通常ルアーフィッシングというとキャスティングしてなんぼというイメージがあるが、テクトロでも釣れるらしい。テクトロというのは岸際にルアーを落として、そのまま自分が歩いて引っ張っていくというもの。岸際に着いているシーバスを釣るためのテクニックの一つである。

 自分も、テクトロの理屈は分かっていたのだが実際にどんなルアーをどういうレンジに落とし、どれ位のスピードで歩けばいいのかさっぱり分からなかった。加えて、テクトロをしている間はキャスティングができない。ますますテクトロを練習しなくなり、テクトロで釣ろうとすら思わなくなる。どころか、本当に魚いるの?テクトロなんて嘘じゃないの?と日増しに疑ってかかっていくようになっていた。

 そんなテクトロ反抗期の中二病患者(別名テクトロ童○)だった私も、最近タマタマ試してみた一発で、ようやく一匹釣ることができた。意外とあっさり。フッコになるかならないか位。ランカーセイゴって奴ですか。岸際に居着いていたせいか、いささかお下劣な匂い。
WP_000081 (640x480).jpg

 
 下げ止まり手前くらい。風は弱かったが気温は相変わらず。某橋梁の明暗部や橋下シャローなどに流しこんでも気配が無いので、移動を兼ねてテクトロに挑戦した。魚の走流性も考えて上流へとテクテク。
 レンジはそれほど細かく考えずにルアー任せで良いかもしれない、と思い、とりあえず持ってるルアーをとにかく入れてみた。今回はタックルベリーで補充したばかりのシリテンバイブ73。レンジ低めだろう、という訳で。それを着底させてから三、四歩歩いていれば、そのルアーは自分がキープできる最も深いレンジまで、勝手に移動する。あとはこれをキープするようにラインと水面の角度を注意しながら、また魚が掛かった時に食い込みがいいようにロッドとラインの角度を注意しながら歩く。
 上記のようにやってみたところ、ヒットが得られた。
 ディテールに関していろんなバリエーションがあるとは思うが、数ある正解の一つって気はする。
 
 
 もうちょっとテクトロで釣ってみて、その時の状況を比較検討していけばパターンが見えてくるかもしれない。とりあえず手持ちの武器を入れてみるということ。座学ではなく、現場から積み上げていく何か。テクトロを舐めていたが、意外と深い世界だったりするのかも。
ラベル:シーバス
posted by paco at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

11月21日釣行:二匹目のフッコ確保

WP_000047.jpg

 最高気温は前日より少し低い15度くらい。まあ、二日前よりは温暖で、魚も低水温に慣れて来たのか、割とトップに出ている状況。 前回の反省を踏まえて、今回はバッグに収納できるトラギアLシャフトを用意しておいて良かった。タモが50p枠なので、魚は52cmくらいかなあ、と推定する。
 
 
 続きを読む
ラベル:シーバス
posted by paco at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。