2014年03月07日

2014年、初コイ。ぜんぶ雪のせいだ

隙間時間を利用して「真・アーバンサイドパラダイス」こと市ヶ谷フィッシングセンターで釣りを楽しんでしまいました。

ここに来るのはたしか三回目だけど、前二回は2匹(1時間)とボウズだった。
察してもらえると有り難いのだけど、もともとコイの釣り掘自体、釣りの中でも難しいジャンルなのである。
さらにネットの評価からすると、その中でも市ヶ谷の難易度は高いらしい。

とはいえ三度目ともなれば多少は釣れるようになったんじゃないかと、挽回すべく足を運んでしまったわけです。
SDIM2606.jpg
続きを読む
タグ:初心者
posted by paco at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

【鯉】(真)アーバンサイド・パラダイス

 実は一カ月半前、市ヶ谷フィッシュセンターに初挑戦してきた。

 その時は一時間やってまさかのボウズ!
 いつもの釣りと違って、魚を探すと言うプロセスは無い。そこに確実に魚がいる。あとはテクだけ・・・

 4月の暖かでやんわりとした日差しの中、鯉たちの活性も抜群に良い。一日の中でももっとも気温が高いであろう2時過ぎから3時過ぎの一時間。水温も願ったりかなったりなはずであった。コイがスレまくっていると噂に聞いてはいたが、当たり自体は頻発していた。しかしアワセが難しい。むしろテクがなくても釣れるんじゃないかっていう状況にも思えたが、振り返ってみると色々甘かったのである。

 そんなほろ苦い過去を払しょくすべく、丁度その辺に行く用があったため、リベンジに行ってきた。
WP_000142.jpg
こういうところで飲むコークは美味い・・・続きを読む
posted by paco at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

隣市でパンプカ

 天気と体調と週末と好条件が重なり久々のフル釣行に赴いたのが日曜日のことである。前回書いた通り、ガルプ!から出ているザリガニ系ワームを持っていくことにする。海釣りでは定評のあるガルプ!さんだが、果たして鯉釣りではどうであろうか。保険として先週買ったままにしておいた食パンも持っていく。

 朝9時頃、バリオ河川に着いてタックルを用意していると、突如として、河川敷を埋め尽くすかというほど沢山の人々が湧いて出てきた。市主導による大規模清掃活動が行われていたのである。動員されていたのは市内全域の町内会メンバーとか少年野球のメンバーとか。15分ほど様子を見たが午前中は釣り座が確保できない気がしたので下流に移動。視界から住宅が減っていき、風景の田舎度が増すごとに動員された人の数も減っていくのだが、しかしそれがゼロになることは無い。行けども行けどもちらほらとゴミ拾いのおっちゃん・おばちゃんが見える。結局隣市まで来てしまった。

 自転車の整備をサボっていた時にこういうイベントと出くわすとは、いかにもついていない。いやむしろ、何があってもいいように空気圧位はキープしとくのが吉なのだろう。
続きを読む
posted by paco at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

釣堀にて

P1090489.JPG
 連休最終日は松戸市の釣り堀[三村園]に。
 
 コイの釣り堀など小学生の頃一度行ったきりである。当時から釣りに興味はあったが、周りに教えてくれる大人は皆無であった。ということで近所の釣り堀に親を説得して連れて行ってもらったのだが、コイの生態に対する知見も全くなく、オケラとなったのもやんぬるかな。その釣り掘もいつの間にか潰れてしまった。(自分の世代はバブルが崩壊した後の、それぞれの街の古臭いレジャーが成り立たなくなっていったその過程を見ながら育ったのである。)

 釣り堀鯉へのリベンジを期して、三村園への挑戦である。
続きを読む
posted by paco at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

鯉釣り軽量化とは何なのか

 実は、ICF日本支部長という肩書を持っている。ICFとは新手かつやり手(予定)の鯉釣り組織である。
 そういう設定にしよう、と昨日思いつき、当ブログに「日本支部創立総会議事録」などと題した雑文を掲載しようとキーボードをたたき、虚しく時間を浪費した。

 出来あがったものを読んで「流石の俺でもこれはアホらしい」と思って、公開しないことに決めた。
 
続きを読む
posted by paco at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

夜釣り

 髪ボサボサになったセスク・ファブレガス。ピケもアーセナル時代のチームメイトもツイッターで突っ込んでいたが、セスクは友人と断髪を賭けて勝負しているサッカーゲーム月例会でここの所負けなしなんだそうだ…もう勝っても誰も得しない。人間引き際が肝心だなあと思った一事だ。
 
 それはさておき、今回も自己満足ネタ。昨日夜釣りに行ってきて、ようやく三匹目を釣ったのでブログUP。
 (実は、前回の記事ネタである江戸川釣行帰宅直後に二時間の短期戦に出かけたりもしているんだが、これは寄せ餌をばら撒いただけで虚しくタイムリミットしている。)
 

続きを読む
posted by paco at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

He pescado dos carpas

PA230493.JPG
 今週の日曜、の話をするとなると、大抵の人は「数日前」か「数日後」か迷う。場合によっては、無批判に「今週末の予定」について語り始めるのだろうなと思われるかも知れない。辞書的には、一週間は日曜日から始まり、この記事もそれに従う。
 
 ふと思い出したけど、ポルトガル語では、日曜日と土曜日以外は、すなわち平日には第○日という名前しか与えられていない。だからブラジル人は、特に教育を受けていなくても、金曜日が第6日であるから週の終わりではないことと、憂鬱な月曜日は第2日であるから、一週間は憂鬱と共に始まるのではないことを知っている。と書いてみたものの、そもそも、今日が何曜日か知らないブラジル人も少なからずいるだろうし(笑…っていいのか?)、世界共通のクロノス的時間によってカイロス的時間がコマギレに支配されている、という点についてブラジル人と日本人の違いがあるとは主張するつもりもなし。

続きを読む
posted by paco at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

鯉釣り#1

 今日は午後に早々と帰宅できたんで、夕方から日が暮れるまで鯉釣りに出てみた。

 それにしても自宅を出て50mくらい進むと一級河川が見えてくる、というロケーションはこういう時便利です。ポイントまでは徒歩で5,6分。
続きを読む
posted by paco at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

鯉釣り始めました

休日の趣味に、鯉釣りに取り組むことにしました。近所の川でも釣れるしね。きっかけは衝動買いなのだが。

まあ、釣り自体何かしたいなとは思っていたので、上州屋に寄って本を立ち読みしていたところ。
この本に巡り合った。

鯉釣り―野に憩う魚と遊ぶパスポート [単行本] / 山本 和由 (著); つり人社 (刊)


鯉釣り―野に憩う魚と遊ぶパスポート [単行本] /
山本 和由 (著);
つり人社 (刊)






続きを読む
posted by paco at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯉釣り軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。