2013年09月21日

荒川定点観測#7

 中秋の名月という奴ですね。最近、緩い流れの日に釣行する傾向にあるので、大潮不安症がひどい。そこで昨年サーフ用に何となく買って持っていたサスケ裂波120をルアーボックスに入れておいた。
sasukereppa120F.jpg


 まあ正直、明るい隅田川ではデカ過ぎて見切られるんじゃないか・・・なんて妄想もしたので(実際どうかは知りません)、まずは荒川で馴らし運転をしにいく。
何とか夕マヅメ頃に脱出し、急いで「観測地点」へ。大潮の下げということで、まずはコース最上流部の明暗に行って、そこから釣り下る作戦を立てた。



 普段は混んでいて、二人も三人も(って、三人目は何もすることないでしょうに…)ウェーディングの人が入っているその明暗だったが、大潮なのになぜか誰もいない。ということで、初めて上流側の明暗を独占する。濁りは強く、微妙なドブ臭がした。
 今週は動くに動けなかったので日曜日の台風直撃による影響をすぐに確認はできなかったけれど、何となく、ろくなものではなかったことが想像できたw

 流れの緩い間にシンペンを通すも反応無し。ベ●ス●ッグでU字をやると底を擦ってしまうほどのシャロー。ワンダーに代えてみたけど、無反応。10m先のブレイクで大体のシンペンが引っ掛かりそうになる。そのブレイクも狙ったけど反応なし。
 明暗にFミノーを通すも反応なし。ダウンクロス、U字ブレイク狙いも魚出ず。
 風の影響で、少しリトリーブスピードを上げてやらないと、ルアーにうまくテンションが掛からない。
 水面は荒れている。濁りもきつい。となれば波動か、と思い小型バイブレーションを通すけれど、無反応。
 
 下げ四分位のタイミングで明暗上流部は諦めた。煌々と輝く中秋の名月を見て、「もしかして明暗上流側だとシーバスにとっては明る過ぎるのかもね」という気がした。いや、何となくですけど…

 そこで狙いを下流側、常夜灯が切れるボンヤリした明暗に絞る。足場の関係で潮目に届かせることは出来なかったが、とりまバリッド70を遠投。このルアーはゆっくり目に巻くとミノーっぽく泳ぐのだけど、もう少し早く巻いて、ブリブリと波動を出す。
 こんなスピードで大丈夫だろうか?と思ってたら、問題なく35〜40p位のやつが食ってきた。
 
SDIM2204(2).jpg

 
 ヒットポイントは「ぼんやりした明暗」と反転流の交点。
 手順的にはアレですが、もっと上のレンジで釣れる魚がいるんじゃないかと思い、TKLM9/14(大潮なんでシンキングワークスのほう)をドリフトさせてみたけれど、回収直前で無念の根掛かりロスト・・・
 
 ここで萎えたので次のポイントへ。ワンド状のポイントでイナッコがよく溜まってる所だが、今回は見当たらない。遠くの街明りと月明りしか光源はなく暗い場所で濁っているため、やはり波動をブリブリ出すべく、ここで万を持してのレッパ投入!
 立ち位置を徐々にズラしつつ、扇状に探って行く。レッパさんがレベル〜ダウンクロスに入り、しっかり水が当たったところで根掛かりのようなバイト!出て行くドラグ!
 ・・・・・・
 ・・・・・・
 
 しょうもないことだが、単純にドラグがほんの少し緩かっただけ。
そうはいってもさっきのランカーセイゴとは比べ物にならない引きで、トラギアをブチ曲げてくる。
 「早く寄せたい」とか考えてしまったらしい。オープンエリアにも関わらずドラグをちょいとばかし余分に締めてしまった。やはりトラギアのエギングモデル、自分が普段使ってる竿に比べるとティップの追従性が無さ過ぎるので、ドラグが堅いと走られてバレやすい。まあ道具を使いこなす腕が無かっただけだけど。
 そんな風に、良型(たぶん)をバラした。
 
 その後、本命のストラクチャーポイントに入る所で、第二、第三ガイド間のラインにフックを引っ掛けたままキャストしてしまい、収集困難なトラブルに遭った。そのタイミングで後攻者の方に追い越されたので、潮時と思い撤収。トラブルレスになりたいわ…
 
【スコア】2-2-1
【ロッド】トラギアネクストリーム826ML・F
【リール】'11バイオマスター4000HG
【ラインシステム】アバニマックスパワー0.8号×ソルティガBJリーダー16ポンド
【ヒットルアー】バリッド70、サスケ裂波120
【殉職ルアー】TKLM9/14シンキングワークス
posted by paco at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375364118

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。