2013年02月12日

新パターンktkr

 大潮の日曜20〜22時。諸事情により事務所に泊まることになったので、夜釣りに行ってみた。日曜は引きこもってる傾向にあるので、釣りをすること自体が新鮮だった。最近の大潮は土日にぶつかることが多い。だけあって流れが強い。これは釣れそうな気がする。

 二月だというのに随分暖かく、夜釣りでもホッカイロもタイツも必要なし。しかも風がないので釣りしやすい。大潮下げ五分で友人Tの職場があるらしいエリアに入ったが、日曜だけあってメジャーなところは埋まっていた。こんなこともあろうかと釣行ルートを熟考したのが奏功したのか、最初に入ったマイナーポイントで連続ヒット。


 
 まずは流れのヨレを意識して感度の良いラパラCD9(コイルシンカーを巻いた4番フックを装備。結構飛ぶ)を流し込む。デッドスローで巻き、ロッドに伝わる振動に注意して、急流とヨレの境目を探る。サーフでヒラメを狙う時みたいに(※狙ったことはあるけど釣ったこと無い)、水圧を感じられる間はゆっくり、フッと軽くなったら早めにリトリーブする。レンジを変えながら4,5投目くらいで最初のヒットだったが、狙いとは違ってふつうに岸際だった。しかし、最後の最後でタモ入れに失敗してルアーだけ掬っちゃったかたち。

 そんな間に、自分が狙っている下流側の岸に後攻者が入ってきたorz
 一言くらい下されば「困ります。てへぺろ」位の勢いで御断りしたのにw

 大体表層直下っぽいレンジだ、と分かってきたのでフラグマ90Fにチェンジして同じように。一投目でコツンコツンというアタリがあり、二投目でこんなのが。
WP_000083 (640x480).jpg

 メジャー通りだと49cmくらいだけど、メジャーはヨレてるので実際には46cmくらいか。
 人間小さいけど、マナーの悪い後攻者からはそうそう離れていない場所で釣ったので気分が良い一匹w
 また、隅田川には何か所かある、似たようなポイント。そこでのヒントをくれそうな一匹。
 
 またフラグマを投げるのもなんなので、次はごっつぁんミノー89F。流石に飛距離も感度も悪いけど、緩い流れに反応する。こっちはコンッと当たったけど出なかった。手元に寄せてきて初めて気付いたのだが、フックカバーつけっぱなし。針掛かりしないで釣るほどのミラクルは流石に起こらない。

 その後表層直下ではヒットも途絶えたため、中層以下をバイブレ−ション等で探ったが、流れが強すぎてルアーを思ったほどには沈められない。どうなっていたのか非常に気になり、下げが止まってから再チャレンジしたが一切反応は無い。
 橋脚打ちの後、明るい場所でキャスト練習とルアーの動きをチェックして帰還。

 この日はバチ調査も兼ねていた。20分に一度くらいモワっとしたライズはあったが、それがバチを捕食するシーバスなのかは良く分からない。
 今回は不手際により1キャッチだったものの大分釣りっぽくなってきた。
ラベル:シーバス
posted by paco at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シーバス釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。