2012年08月25日

ラララライ

 前回同様に夏休みシリーズである。貧果ではあったが何かしらの手ごたえを得た霞ヶ浦水系でのバス釣り。その翌朝マズメには、僕は家から3kmほどの野池にいた。ちなみにその日のうちに旅行の荷造りをして、晩には某離島行きの船に乗っていなければいけなかったが、前日にセンコーというルアーに信頼を置くようになったため、ちょっと行ってチョイチョイっとやっていれば結果を出せるのではないか?と直感していたのである。
 
 朝5時ごろ。現場には早起きなへら師が三人ほど竿を垂れているが、バスマンの姿は見当たらない。そんな状況で伸び伸びとセンコーのノーシンカーで釣り場を探ってみる。野池は奥行が300mほど、幅が5〜10m程度という細長い棒状をしている。手前の岸はピッチングで、対岸は足場が無いためこちら岸からバックハンドやサイドハンドで丁寧に落す。

 アタリは開始10分後に来た。ピッチングで手前岸から伸びているウィードの端っこに落とすと速攻でアタリが。昨日釣ったバスよりも多少強い引きでウィードの中に潜ろうとしているのが分かったので、強引に寄せて抜きあげた。
 
raigyo.jpg

 
 バスと思いきやナマズか!?
 だがウロコがあり、背鰭も見たことが無い付き方をしている。なにより髭がなく、鋭い歯が特徴的である。
 Wikiで調べたらライギョであった。そういえばどことなく獰猛な顔をしている。
 まさか近所にライギョが住んでいるとは思わなかったので嬉しい誤算ではある。
 その後特にアタリらしきものはなかったが、満足して帰った。

 センコーでの釣りは手軽で楽しいのだが、一つだけ問題がある。
 前日に釣ったバスにしても、今回のライギョにしても、ワームを呑まれてしまった。センコーは非常にもろい素材で出来ているので、気をつけないとフックから外れて魚の口に吸い込まれてしまう。
 別にお魚が可哀想とか、エコロジーとかの観点で問題提起しているのではなくて、ライギョなんてそうそう近所には棲んでいないと思われるので、この貴重なゲームフィッシュを腸閉塞で死なせたら勿体ないな、というのが本音である。

バス釣りとかこれで足りるんじゃないかって気がしてきた。
ロッド:バスビートBBS-602L(アブ・ガルシア)
リール:'11バイオマスター2500(シマノ)
ライン:Bawo スーパーハードポリアミド+ 8ポンド(東レ)
ルアー:3in. ファットヤマセンコー ウォーターメロン(ゲーリーヤマモト)
フック:ワーム321 1/0 バルキースタイル(がまかつ)
posted by paco at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアー釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287611652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。