2012年04月07日

LMB初めて釣りました

 市内の調整池で、ブラックバスを釣った。20cmちょい。バサーのいう20UPの若バスとかいう奴だ。
SDIM0532.jpg




 釣れたのは岸が垂直のコンクリートになっているところ。海釣りでもこういう所で数少ない釣果を上げたことがあるのだけど、淡水で水深が無い所でも、居着きバスがアシや樹木の下隠れて獲物を狙っているのか・・・
 20cmくらいの居着きバスは、割と引いたしスタミナもありそうだけど、ゴリ押しでリールを巻けば押さえこめてしまう。多分このフィールドでやる限り、鯉が掛からなければドラグもガチガチで良さそうだ。

 今回のリグは、前回導入を検討したノーシンカーでは無く、ジグヘッドだった。
 先週から農業用水を矯めるために市内を流れるメイン河川は増水した。その影響なのか調整池の濁りも強かったので、色の目立たなさそうなヤマセンコーではなく、ジグヘッドにガルプの赤い【インチホッグ】という組み合わせにした。インチホッグは小さなワームなので、オフセットフックも小さくないとノーシンカーリグは出来ないところ、自分は小さいオフセットフックを持っていなかった。だから不本意ながらジグヘッドに挿したのである。地元調整池はヘラブナとカエル以外に大きなベイトはいない場所だから、小さいワームをつけるための小さいオフセットフックが必須かも知れない。

 でも、今回釣った釣り座に限って言えば根掛かりのリスクは少ないところなので、ジグヘッドで正解だった。
 他の釣り座ではジグヘッドに大分苦労させられるのでオフセットフックにヤマセンコー。
 こちらにも二回ショートバイトらしきものがあったのだが、どうやってフッキングしたら良いのか分からない。それともただの根掛かりだったのだろうか?
posted by paco at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアー釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。